広島でコーヒー、紅茶のご用命は名井珈琲商店へ



ブログ

ホーム > ブログ >広島洗心書房
ブログ
ブログ
店主の傑作 広島コーヒーブログ Vol.799 投稿日:2020年07月24日

 

こんにちは。

 

広島コーヒー.comを運営しています、名井珈琲商店です。

 

おかげさまで創業69周年を迎えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「大般若理趣分」の巻物

 

 

 

 

 

 

 

いつも御ひいきいただいている仏教書店、広島洗心書房の店主が製本されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

花柄模様の洋風の表紙がとってもモダン?

 

 

と目に留まり、見せていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店主は手先がとても器用で、今までに見せていただいた数々の手作りのお品には、

 

 

 

扇風機とエアコンの風の流れを確認するための、風見、

 

 

 

 

ダンベル、

 

 

 

 

 

 

インクが染みない、破れない、ペンケース、

 

 

 

 

じょうご付き、物いれ、

 

 

 

 

 

荷造りひもで作ったハタキ、

 

 

 

 

 

 

ちょっとこわい、カープ坊やのねぶた、

 

 

 

 

 

等など。 簡単に作れそうで、作れません。

 

 

見えないところにワザあり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この巻物、完璧に製本されてあります。

 

 

 

 

紐を解いて開いてみると、

 

 

 

 

 

真ん中にお釈迦様。

 

そして、西遊記に登場する三蔵法師、猪八戒、沙悟浄のモデルになった神様。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

軸の棒も滑らかです。

 

 

 

 

 

 

 

大般若経は安置すればその場所は聖地になる  

 

 

ありがたいお経です。

 

 

 

 

 

連休期間中の営業のご案内
7月25日(土)平常通り 9時ー18時
7月26日(日)ハンドドリップ体験会「ピーベリー編」 14時-15時

 

 

 

 

 



ページ先頭へ
あると便利な自作のジグ 広島コーヒーブログ Vol.711 投稿日:2020年03月22日

 

こんにちは。

 

広島コーヒー.conを運営しています、名井珈琲商店です。

 

 

 

 

先日、得意先の「洗心書房」(中区堺町の100年続く仏教書店)にコーヒー豆の配達で訪れると、

 

お店の入口玄関の左側に、まるっこくて、それはそれはかわいらしい小鳥がいました。

 

 

おっ、あたらしい鳥!

 

 

 

 

 

 

リアルなオブジェです。 観葉植物も植えられていました。 

 

 

店主の手作りDIY。  

 

 

相変わらず器用ですね。 心地よいインテリア。 リラックスする雰囲気ですよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、年季の入った木の定規も、見せていただきました。 

 

 

もうとっくに目盛りは消えています。 古いもので、誰が使っていたのかはわからないらしい。

 

 

 

 

 

 

 

片側が削ってあります。  

 

 

なんのため?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本を発送するためのダンボール箱のサイズを調整するとき、ダンボールを折り曲げなければなりませんが、きれいに折るために、

 

 

長いものさしを、この木の定規の削ってある部分でなぞり、

 

 

なぞった部分を谷折りにする。

 

 

 

 

 

 

きれいに折れる。   お~、なるほど。 

 

 

 

 

私は今までカッターナイフを使っていましたが、切り目を入れすぎてしまうので、

 

 

 

 

 

廃材で、つくってみよーっと。

 

 

 

 

 

 



ページ先頭へ
春告鳥(はるつげどり)広島コーヒーブログ Vol.675 投稿日:2020年01月29日

 

こんにちは。

 

広島コーヒー.comを運営しています、名井珈琲商店です。

 

 

 

 

 

今朝はお得意様の広島洗心書房(仏教書専門店・堺町)に立ち寄り、店主と朝から雑談をさせていただいていると、

 

 

 

突然「ホーホケキョ」と、可愛らしいさえずりがきこえてきたので、

 

 

 

あ、春の訪れ。  と思いきや、 

 

 

 

さえずりが聞こえてきた方向をみると、センサーバードのセキセイインコでした。

 

 

 

 

 

昔からお店のその場所にいる、リアルなセキセイインコの置物です。

 

 

 

 

 

 

 

 

このセキセイインコは、以前は鳥かごの中にいました。

 

 

センサーがこわれてしまっていて、店主が修理を試みてもなおらず、

 

 

「絶対に動かない鳥」になっていたのですが。

 

 

ホーホケキョ とさえずりながら、元気に頭と体をふりふり、まあ何と愛らしい。

 

 

 

 

 

ぜったいに動かなかったセキセイインコ

 

 

 

 

 

なおったんですね。 さすが!

 

 

 

 

 

 

 

 

 



ページ先頭へ
お問合せ
ページトップへ