広島でコーヒー、紅茶のご用命は名井珈琲商店へ



ブログ

ホーム > ブログ >広島洗心書房
ブログ
ブログ
もう一度「アナログ」聴いてみたい。広島コーヒーブログ Vol.644 投稿日:2019年12月12日

 

こんにちは。

 

広島コーヒー.comを運営しています、名井珈琲商店です。

 

配合と焙煎技術を誇る珈琲、紅茶専門店です。

 

 

 

 

先日、中区堺町にある、100年続く仏教書店「広島洗心書房」を訪ねると、

 

 

店主のデスクの後ろにある棚が、空になって、ひっくりかえって、しかも四角い穴があいていました。

 

 

 

あら、たいへんそう。 なにをやっていらっしゃる?

 

 

 

 

 

 

 

話によると、店主は新品のレコードプレーヤーを購入され棚に入れようとしたが、

 

サイズが大きすぎて入りきらなかった。 棚の背面を切り取って、入るように細工をされているということ。

 

 

 

相変わらず器用ですね。 しかしいまどき、レコードプレーヤー?

 

 

 

 

 

 

これが、新品レコードプレーヤー。 店主が持っている古いプレーヤーも、針をかえれば使えるが、針だけというのは買いにくいらしい。

 

新品プレーヤーを買ったほうが良いと思われたようです。

 

 

 

レコードプレーヤー、まだ売っているんですか?

 

 

CDが発売されて、ダウンロード、ストリーミングになり、レコードプレーヤーの生産は完全に落ちましたが、

 

近年またレコードの人気が高まっているらしい。

 

 

 

 

 

 

 

店内にいい音が流れるのを楽しみに!とおっしゃいました。

 

 

レコードの魅力は、アナログ独特の「あたたかさ」。楽しみにしています。

 

 

 

 

 

名井珈琲商店のギフトは、新鮮なコーヒー豆のパック詰め。

 

お客様のご予算とご希望に合わせ、注文を頂いてから作らせていただきますので、少々時間がかかります。

 

ぜひ、ご予約下さいませ。

 

ゆうパックでの発送も承ります。  店頭スタッフに気軽にお声がけください。

 

 

 

 

 

 

 

豆でも粉でもどちらでも 450g×3種類の詰め合わせ

 

コーヒー好きなあの方へ、ドーンとプレゼントして下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 



ページ先頭へ
古い経本から、明治35年に思いをはせる。 広島コーヒーブログ Vol.639 投稿日:2019年12月4日

 

こんにちは。

 

広島コーヒー.comを運営しています、名井珈琲商店です。

 

配合と焙煎技術を誇る珈琲、紅茶専門店です。

 

 

 

 

支払いの用事で、堺町の広島洗心書房を訪ねました。

 

 

 

 

洗心書房さんとは、名井珈琲商店の創業時からのお付き合い。

 

 

お店のある堺町は、本川と天満川にはさまれたところに位置します。 川が物流のインフラだった戦前は、物があつまる経済的な中枢として必然的に機能し、問屋もずらりと並んでいた。

 

 

 

 

 

戦後の物資不足で、コーヒー豆の仕入れができないとき、

 

なぜか洗心書房さんのところにコーヒー豆があり(ヤミ?)、

 

分けてもらったことがあると、聞いております。

 

 

 

 

 

 

 

 

今朝も店主は、熱心に本や資料の整理整頓をされておられ、

 

 

なにげなく、見せていただいたお経の本が、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんと、明治35年(1902年)に印刷されたもの。 

 

 

 

 

 

 

えーーー。

 

 

明治35年?   どんな時代? 

 

近代化、欧米化、近代産業の基礎がかたまり、時代は日露開戦へと動き出していた。

 

 

 

 

https://livedoor.blogimg.jp/hisako9618/imgs/0/f/0f5cbcde.jpg

 

明治39年発行の漫画雑誌

 

 

 

日英同盟  上野動物園にドイツからライオンが来た 

 

京都に明治座が開場  資生堂がソーダ水とアイスクリームを販売

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、大販売所 廣島市堺町 洗心書房とあります。 

 

 

 

おー!  ここは、「大販売所」だったん。 すごー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



ページ先頭へ
洗心書房の店主に学ぶ 広島コーヒブログ Vol.634 投稿日:2019年11月28日

 

こんにちは。

 

広島コーヒー.comを運営しています、名井珈琲商店です。

 

配合と焙煎技術を誇る珈琲、紅茶専門店です。

 

 

 

 

「お守り般若心経」を仕入れるために、堺町にある広島洗心書房を訪ねると、

 

 

店主は熱心に本棚の整理整頓をされておられました。 「お元気そうでなによりです!」

 

 

 

 

どう整理するのか、いろいろ考えておられるのだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

通路に設置された、小さな鏡。

 

プラスチックの棒にテープのようなものでとめてあるだけ。 工作感満載です。

 

高さはしっかり固定してあり、角度は回転するので自由自在。

 

 

 

 

 

この小さな鏡、いったい何のため?

 

 

 

 

 

店主が普段座る事務机の位置から、鏡をとおして、お店の出入り口付近と書棚が見える。

 

 

人の出入りを確認したり、お客様に失礼のないように様子をうかがうために、工夫して設置されたそうです。

 

 

 創意工夫   自分の頭で考え続ける店主の姿勢は、素晴らしいと思います。

 

 

 

お金をかければいくらでも便利なものを買うことができますが、

 

 

あえてお金を使わないで創意工夫を発揮したり、

 

 

わざと不自由さを楽しむ。 そんな賢さも身に着けていきたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

好評につき再入荷!!

 

 

 

広島市中区堺町にある、100年続く本屋さん「広島洗心書房」で売っている、ミニチュアサイズのお経本です。

 

 

 

ビニールケース入り・ひも付きの、「お守り般若心経」は縁起もの! おひとつどうぞ。

 

 ¥308 (本体¥280)

 

 

 

 

 



ページ先頭へ
お問合せ
ページトップへ