広島でコーヒー、紅茶のご用命は名井珈琲商店へ



ブログ

ホーム > ブログ
ブログ
ブログ
山の緑が鮮やかです。広島コーヒーブログ Vol.755 投稿日:2020年05月25日

 

 

こんにちは。

 

広島コーヒー.comを運営しています、名井珈琲商店です。

 

おかげさまで創業69周年を迎えました。

 

 

 

 

 

新緑の季節。

 

 

 

今日の芸北の山は、誠に見事な色使いでした。

 

 

グリーンの濃淡

 

 

 

丸くこんもりとした形で、鮮やかな萌黄色、薄緑色、緑色をしているのは、広葉樹。

 

 

先が細くとがった形で、濃い緑色をしているのは、針葉樹。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

臥竜山のブナの原生林に入ると、木の枝がアーチ状に道を包みこみ、

 

 

森のトンネルを抜けるかのような爽快さ。

 

 

 

明るく輝く日の光が、青葉若葉に降り注ぐ。

 

 

 

 

 

窓全開で、

 

 

きれいな空気を吸いながら、

 

 

鳥のさえずりをききながら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

空き家がたくさんあるなあ。

 

 

 

 

 

耕作が放棄された田んぼや、

 

 

 

植林されているにもかかわらず十分に手入れがされていない森林も、とても多くみられました。

 

 

 

 

生産しても赤字?  つまるところは、人手不足や経済的な問題なのだろう。

 

 

 

 

 

 

 

きれいに水がはり、まっすぐ等間隔に植えられたイネが育っている田んぼや、

 

 

間伐、枝打ちされ、まっすぐ等間隔に育っている森林もたくさんありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カキツバタ  

 

 

深い青色が目をひきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山荘 HANAKI の窓辺で、バードウォッチング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

芸北ぞうさんカフェの、おいしい自家焙煎コーヒー

 

 

 

 

心と体をリフレッシュした日曜日でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

父の日ギフトの予約承り中! 受付は6月16日までです。

 

 

 

 

 

 

発送も承ります。

 

 

 



ページ先頭へ
カルト―ラの歌をききながら 広島コーヒーブログ Vol.754 投稿日:2020年05月23日

 

こんにちは。

 

広島コーヒー.comを運営しています、名井珈琲商店です。

 

おかげさまで創業69周年を迎えました。

 

 

 

 

 

 

焙煎機のスイッチを「ON」にして、火を入れると、

 

 

モーターが、「ウイン ウイン ウイン ウイン ウィン」 と音を立て、

 

 

釜の中の攪拌羽が回転します。

 

 

 

 

 

生豆を釜に投入する前に、ちょっと音楽を聴くことしました。

 

 

 

 

 

 

ブラジルの歌手、Cartola (カルト―ラ)の「Preciso Me Encontrar」、1976年の曲。

 

 

曲のはじまりはギター、マイナー調。

 

 

ロマンチックでドラマチックで、哀愁ただよう、信じられないほど美しい旋律。

 

 

 

 

 

 

 

バックグラウンドには焙煎機のモーターの音。

 

 

生豆は、投入口で静かに待機。

 

 

 

 

 

 

はまっているなあ と思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブラジルは黒人、白人、黄色人種の文化が混在し、特有の歴史的な体験があり、

 

 

音楽も民族音楽、クラシック、ポピュラーがごちゃまぜになって発展し、

 

 

その結果ブラジルの音楽には、とてもつもなくカオスで深い、悲喜こもごもの情が感じられる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カルト―ラの「Preciso Me Encontrar」という曲。

 

歌詞はポルトガル語なので、意味はさっぱりわからないが、

 

漠然とした深い情が感じられる。  不思議です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブラジルは、コーヒー豆の主要生産国。 

 

 

 

コーヒー豆の値段は、ニューヨークの市場で決められるので、

 

 

生産農家の事情とは全く無縁です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「Preciso Me Encontrar」というブラジルの、とてつもなくロマンチックで哀しくて美しい曲を聴きながら、

 

 

 

 

株式市場にふりまわされて苦労するブラジルの農家のことを、

 

 

 

 

 

何も知らないくせに、全く自分勝手に想像し、

 

 

 

 

 

 

 

さあ、焙煎。  

 

 

 

 

少なくとも、豆としっかり会話しながら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

父の日ギフトの予約承り中! 受付は6月16日までです。

 

 

 

 

 



ページ先頭へ
今日の締めはコーヒー泡盛 広島コーヒーブログ Vol.753 投稿日:2020年05月21日

 

こんにちは。

 

広島コーヒー.comを運営しています、名井珈琲商店です。

 

おかげさまで創業69周年を迎えました。

 

 

 

 

 

 

昨夜は午後6時の閉店後、鷹野橋の老舗「焼肉大学」さんへ行き、

 

580円の「焼肉サービス定食」を注文。

 

おいしいお肉とお野菜に、ご飯にお吸い物にキムチまでも一緒にいただき、

 

おなかがいっぱいになりました。

 

 

 

 

 

同席させていただいただいた方が、ミュージシャンでいらしたので、

 

 

「何か歌って下さい。」

 

 

 

と、お願いすると、

 

 

私の大好きなR&Bを1曲、アカペラで歌って下さいました。

 

 

あまりにステキで、私も歌いたくなり、

 

 

恥ずかしげもなく、つい口ずさんだ歌は、ビリージョエルの「ロンゲスト・タイム」。

 

 

 

 

 

大変失礼いたしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は午後6時の閉店後、広島中央郵便局でお客様のコーヒー豆の発送を済ませ、

 

 

革の手入れのために預けていた、かばんとお財布を受け取りに、

 

 

千田町の革細工職人さんの工房へ伺うと、

 

 

職人さんが、丁度ギターを奏でておられたので、

 

 

 

 

「何か弾いて下さい」

 

 

 

 

と、お願いすると、

 

 

「ルート66」を演奏して下さいました。

 

 

あまりにステキだったので、つい腰をひねって踊る。

 

 

 

 

大変失礼いたしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生演奏を聴くと、興奮してしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つい先日漬けはじめたコーヒー泡盛(泡盛にコーヒー豆を漬けたもの)を試飲してみると、

 

 

もう完全に出来上がっていました。

 

 

 

 

 

 

気づかぬうちに40日も経っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とてもいい香り。  

 

 

身近に音楽のある生活に乾杯!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

父の日ギフトの予約承り中! 受付は6月16日までです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



ページ先頭へ
お問合せ
ページトップへ