広島でコーヒー、紅茶のご用命は名井珈琲商店へ



ブログ

ホーム > ブログ >やっぱり食べたい、冬の味覚の広島牡蠣 広島コーヒーブログ Vol.665
ブログ
ブログ
やっぱり食べたい、冬の味覚の広島牡蠣 広島コーヒーブログ Vol.665 投稿日:2020年01月14日

こんにちは。

広島コーヒー.comを運営しています、名井珈琲商店です。

久しぶりにワイルドなアウトドアを堪能したい。 

仕事に追われていると気分転換はとても大事です。

風が冷たい休日、冬の味覚・新鮮な牡蠣を食べに「かき小屋」に行きました。

広島牡蠣を殻ごと炭の上で焼きます。 豪快に。 ジュ―ッと。

テーブルに着くと、すでに火おこしされた炭火がありました。 らくちんらくちん。

ちくわのような形をした炭?  見たことないなあ。  

家に帰ってネット調べてみたら「オガ炭」という炭で、おがくずを圧縮加工して作られており、着火に手間はかかるが火持ちが良く、燃焼温度が高い。

たしかに。 以前自分たちで起こした炭火よりも、随分といい炭火でした。

殻の平らな方を下にして3分焼きます。

ひっくり返してもう3分。

口があいたら、ポン酢を注いで食べる。 

あ~最高。

お肉やソーセージや野菜も焼きました。 

肉用の網は、高さがちょっと高い。  なんで? 

肉を焼くと油が落ちるので炎が上がります。

炭台での火加減は、台の高さやお肉の配置場所でコントロールするということです。

おいしくて、らくちんで、楽しい! 冬のバーベキューでした。



ページ先頭へ
お問合せ
ページトップへ