名井珈琲商店

ブログ

ブログ

ブログ

対決・荒城の月2 広島コーヒーブログ Vol.1312
投稿日:2022.07.16 一覧に戻る

こんにちは。

広島コーヒー.comを運営しています、名井珈琲商店です。

昨日のブログの続きです。

ふすまから見えた「対決・荒城の月」概要は、

対決者はふすまで区切られた右の部屋と左の部屋にそれぞれ入る。

対決者はふすまが開くと同時に向かい合う。

対決する。

対決後は審判が行われる。  でした。

次に細かい点を、みょうい、あかぎ、くわはら、きむら1号、きむら2号

の参戦者で相談。 感覚的ではなく具体的に。

ふすまを、だれがどのように開けるのかという点。

みょうい: ウィンブルドンのテニスボール拾いの人みたいに、

サーっとあっち行ってあっちのふすまを開け、

サーっとこっちに帰ってきてこっちのふすまを開ける? (みょういデモ)

あかぎ&くわはら: (笑)それより黒子二人がふすまのそばでスタンバイして、

タイミングをあわせて同時に開けた方がいい。

解決

審判はどのようにやるのかという点。

きむら2号: 軍配がいい。

みょうい&くわはら:軍配持ってない。 扇? ない。 扇子? ない。

じゃ、うちわでいいよ。

解決

審判は誰がやるのかという点。

シロモト:(ちょうど到着)名井さん、来ちゃった!

みょうい: あ、ちょうどよかった、じゃあシロモトさん、審判ね。

解決

対決の順番は?トーナメント形式でやるの? という点ですが、

衣装の浴衣をちゃんと着ている参戦者は、三味線のきむら1号だけだったので、

きむら1号に花を持たせる以外にないという、意味不明の理由で

きむら1号の優勝が先に決定し、

負ける事になっている挑戦者が一人ずつ、きむら1号と対決することになりました。

では優勝することになっているきむら1号を、

どのように優勝者と納得させるのかという点。

くわはら:照明。きむら1号にだけしっかりと照明を当てればいい。

(くわはら椅子に上がり照明をアジャスト。きむら1号の茶髪が金髪に見える)

解決

 

対決・荒城の月、挑戦者一人目は、オカリナみょういが行くことになり、

観客のつもりで来てくれたシロモトは、急遽、審判の役を与えられたため、

他に観客は誰もおらず、インスタライブを開始しました。

視聴者が一人でもいれば、対決をはじめるということで。

対決後、ギターで遊ぶ参戦者。

ページ先頭へ

お問合せ

お問合せ

電話御一報!多少にかかわらず発送いたします。
TEL 082-241-4631
FAX 082-241-4676
電話御一報!多少にかかわらず発送いたします。
TEL 082-241-4631
FAX 082-241-4676


ページトップへ