名井珈琲商店

ブログ

ブログ

ブログ

「ちぎれた女」流れにのった日 広島コーヒーブログ Vol.1268
投稿日:2022.05.14 一覧に戻る

こんにちは。

広島コーヒー.comを運営しています、名井珈琲商店です。

4月も下旬、

名井コーヒーが71周年記念イベントの準備でせわしく走り回っている時、

突然ご来店されたお方が、

「あの~。。。カモメのばぁばぁさんに紹介いただいてまいりました、羽鳥です。」

カモメのばぁばぁさんは横川の有名なギャラリーで、

つい先日、私の作品を展示していただき大変にお世話になったばかりでした。

「これやるところ、さがしているんですが。」

ちぎれた女 牧瀬茜 大槻オサム 羽鳥智裕 

大槻オサムさんとは上八木のアビエルトで、何回かお会いしたことがありました。

アビエルトで開催されたパフォーマンスを観に行った際、大槻さんが、

開演前のドリンクバー、上演中の照明、終演後の料理の準備を、

すごいスピードでちゃっちゃとこなし、

メニューは手作りのパンからはじまり、いろんなものがすべておいしかったこと、

お食事後はステージに上がらせてもらい、音楽をかけて、

大槻さんも一緒に、ディスコダンスを踊り楽しかったことことを覚えていました。

いつですか?

「5月12日です。」

時間ないですね。 はやくしないと。 建物見られます?

「あ、はい。」  

どうします? 全部使います?

「あ、はい。」

ちゃんと通じているのか通じていないのか、

コミュニケーションは成り立っているのか成り立っていないのか、

そんなことは関係ない。時間は待ってはくれません。 

5月12日は、もうすぐ。

で、流れに乗ったちぎれた女 @名井珈琲商店でした。

その後間もなく、キャスト&助っ人も名井コーヒーに集合し打ち合わせ。

牧瀬さんって、どんな方なんですか? 

キャスト&助っ人のお二方の目がキラキラと輝いた瞬間を見逃しませんでした。

お二方ともに、姿勢まっすぐ仁王立ち、

「牧瀬さんは脱がなくてもいい!」

「牧瀬さんは脱がなくてもいい!」

どういう意味なんだろう?と思いましたが、

あまりにお二方の目の輝きがきれいだったので、

どうでもいいや、牧瀬さんという方はすごい人なのにちがいない、と思いました。

牧瀬さんはご自身のパフォーマンスのツアー中ということでしたので、

お会いできるのは公演日当日。

どうであれ、5月12日にチーム集結、5月12日にチーム分散。

そこだけおさえておけば、大丈夫なのは確信した次第です。

アドベンチャーのはじまりはじまり。

つづく。

ページ先頭へ

お問合せ

お問合せ

電話御一報!多少にかかわらず発送いたします。
TEL 082-241-4631
FAX 082-241-4676
電話御一報!多少にかかわらず発送いたします。
TEL 082-241-4631
FAX 082-241-4676


ページトップへ