名井珈琲商店

ブログ

ブログ

ブログ

テレビ派「沿線遺産」に出演しましたので一人反省会 3 広島コーヒーブログ Vol.1206
投稿日:2022.02.17 一覧に戻る

こんにちは。

広島コーヒー.comを運営しています、名井珈琲商店です。

さてさて一昨日、広テレ 4チャンネルで放映されました、

「沿線遺産・南鷹野橋バス停・名井珈琲商店」。 番組では、

3世代70年の歴史ありと紹介していただき、店の代表の私が出演しましたが、

放送を見ながらいろいろと考えるところがあり、

一人ひっそり反省会をしています。

放映日は店を一人で営業中。店にはテレビがありませんので、

友人のお宅のお茶の間の、鬼滅の刃 全23巻の上に置かれた携帯のカメラから、

なんとか生放送を見ることができました。

以下、案内役のなかしまさんに、

お店で販売中の旬の豆「ブッダブルームーン」を試飲していただく場面の

書き起こしと反省点(赤)。

アナウンサー: 焙煎は音楽と同じハッピーなノリで! 名井さんがこんな気持ちを込めて淹れてくれたコーヒー「ブッダブルームーン」をいただきます。 

あっ私の頭のハゲ、うつってもーた。髪の毛ちゃんとせんかい。

なかしま:(ブッダブルームーンをのむ) 

おー。なんか、ちょっと、ちがいますね。

私:ちょっとちがうでしょ。アジアの味。

なかしま: それ!いいですよね。そんな感じっすよね。

私: 私が感じたのは、爽やかな柑橘系で、なんとなくこうグリーンっぽい、

まあ、青臭いって言っちゃわるいんですけど。

青臭いだとおー? 

コーヒーの、まあ、コーヒーチェリーの本来持っている味だと思って召し上がっていただければなあと思っています。 

コーヒーチェリーは青臭いということになってしまったではないか。

なかしま:それでは3代続く陽気なコーヒー店に「認定」でございます。

(なかしまさん、認定シールを貼る 拍手)

私:きれいに貼れた!やったー。

(番組終了)

きれいに貼れた!がオチになっていましたが、

収録中、認定シールを貼る場面で、「それ、ちゃんと剝げるんですか?」 

と、なかしまさんにおききしたところ、

「貼る前から、ちゃんと剥げるんですか?と聞いた人はいないです。」

とナイスツッコミがあり、

おもしろいと思っていたのですが、カット。

ぜんぜんおもしろくなかったのでしょう。

わざわざ録画してまで見て下さった方々に、深く御礼申しあげます。

テレビ派・沿線遺産・増刊号! 毎週日曜 午前6時30分〜7時 

そのうち出演すると思います。

ページ先頭へ

お問合せ

お問合せ

電話御一報!多少にかかわらず発送いたします。
TEL 082-241-4631
FAX 082-241-4676
電話御一報!多少にかかわらず発送いたします。
TEL 082-241-4631
FAX 082-241-4676


ページトップへ