名井珈琲商店

ブログ

ブログ

ブログ

師匠の神業 広島コーヒーブログ Vol.980
投稿日:2021.04.14 一覧に戻る

こんにちは。

広島コーヒー.comを運営しています、名井珈琲商店です。

今日、師匠の作業場を訪れると、

同じような形をした、可愛らしい赤い部品が並べて置いてありました。

なんだろう? と思ったら、

スイッチをなおしているところ 

と、おっしゃったので、

何のスイッチ?

メリタのドイツ製のビンテージ電動コーヒーミル(1970年代頃)のスイッチ。

見た目がとってもかわいい、白と赤のシンプルなデザインのミルです。

そういえば

昔のドイツ製メリタの器具のデザインは

どれもこれも光っていたなあ

しかし、デザインにちょっと不具合があり、

使っているとスイッチのプラスチック部分が割れてしまうようです。

師匠がやっているのは、割れてしまったプラスチックの部分を、

アルミで代わりに作り、

まずは、瞬間接着剤でくっつけ、

そのつぎに、1ミリの穴をあけて、

瞬間接着剤をつけたピアノ線を通し、

かなづちでコンコン軽く叩いてピアノ線を入れこむ、という、

ものすごい精密なこと。

これがその、こわれやすいスイッチで、

コーヒーの目の粗さを調節するためのもの。

以前、アメリカでほうれん草のグリーンカレーをよく作り食べていたことがあり、

クイジナートというメーカーのミキサーで、ほうれん草を粉々に砕いていましたが、

ミキサーなのに、水分をあまり入れずにモーターを回していたら、

プラスチック製のクラッチ部分が摩耗して、割れてしまいました。

クラッチだけを交換したくても、電気屋さんでは部品は手に入らず、

仕入れてもくれないし、

修理してもくれない。 利益にならないからだろう。

困った、困ったと、思ったことをおもい出しました。

もしかしたら、クラッチの割れた部分を、

瞬間接着剤でくっつければよかっただけの話だったかも?

自分でなおそうなど、考えもしなかったなあ。

だめだ だめだ。

ページ先頭へ

お問合せ

お問合せ

電話御一報!多少にかかわらず発送いたします。
TEL 082-241-4631
FAX 082-241-4676
電話御一報!多少にかかわらず発送いたします。
TEL 082-241-4631
FAX 082-241-4676


ページトップへ