名井珈琲商店

ブログ

ブログ

ブログ

ゴムパッキン大切 その1 広島コーヒーブログ Vol.802
投稿日:2020.07.28 一覧に戻る

こんにちは。

広島コーヒー.comを運営しています、名井珈琲商店です。

配合と焙煎技術を誇る珈琲、紅茶専門店 おかげさまで創業69周年を迎えました。

先日、コーヒー豆をお買い求めにこられた常連のお客様が、

イタリア製の直火式エスプレッソメーカーの「パッキン」があるかどうか、お尋ねになり、

お店に在庫はなく、

仕入れたこともなく、

どこで仕入れればよいかもわからず、

とても申し訳なかったと、思いました。

直火式エスプレッソメーカーは、とても丈夫で、少々のことでは壊れません。

アウトドアで使っても良し。

丈夫なので、母から娘、娘から孫へと、何代にわたっても使うことが可能。

しかし、ゴムパッキンは、どうしても劣化してしまいます。 

パッキンがしっかりしていなければ、沸騰中に横からコーヒーがもれてくるので、

つかいものになりません。

直火式エスプレッソメーカーを見ると思い出す、ニューヨークに住んでいた時の出来事。

住んでいたアパートのお隣さんが、

かなりご高齢の、イタリア人のおばあ様。

このおばあ様は、ご主人様が他界され、未亡人になられて以来ずっと、

着るものは毎日、黒い喪服のドレス。 

来る日も来る日も、いつまでも、いつまでも、喪に服しておられました。

時々、このおばあ様に「おつかい」を頼まれ、近所のスーパーまで買い走りに行き、

買うものはいつも同じ。

バナナ1房と、Stella D’oro のビスコッティみたいなイタリアンクッキー。

1ドル札を何枚か預かり、買い物をし、買ってきたバナナとクッキーとお釣りをおばあ様に手渡すと、

 

「あい、ありがと。」  

お駄賃もいただけませんでしたが。

毎日黒いドレスで、朝食にバナナとクッキーか。。。と想像していました。

ある日、このおばあ様もお亡くなりになり、

お使いになっていたキッチン用品や食器を、アパートの住人みんなで譲り受けることになり、

私は、6人用のイタリア製直火式エスプレッソメーカーをいただきました。

使ってみると、横からコーヒーがもれる。  

あ、パッキン朽ちてるわ。 はて、どこに売っているかな?  

スーパー行ってみると、パッキンが普通に売っていました。

あら簡単に見つかった。 しかも安い。  2ドル前後だったと思います。

さっそくパッキンを取り換えて、コーヒーの粉をいれて直火にかけ、

はやいし便利。  

これで、毎日コーヒーを淹れて飲むようになりました。

日本では、やはりペーパードリップで淹れるコーヒーの方がおいしいと思いますが、

ニューヨークでは、これで淹れるコーヒーがおいしかったなあ。

ページ先頭へ

お問合せ

お問合せ

電話御一報!多少にかかわらず発送いたします。
TEL 082-241-4631
FAX 082-241-4676
電話御一報!多少にかかわらず発送いたします。
TEL 082-241-4631
FAX 082-241-4676


ページトップへ