広島でコーヒー、紅茶のご用命は名井珈琲商店へ



ブログ

ホーム > ブログ >春のコーヒー!サクラブルボン2020を焙煎しました。 広島コーヒーブログ Vol.699
ブログ
ブログ
春のコーヒー!サクラブルボン2020を焙煎しました。 広島コーヒーブログ Vol.699 投稿日:2020年03月4日

こんにちは。

広島コーヒー.comを運営しています、名井珈琲商店です。

今日、ブラジル産のブルボン・アマレロ種「サクラブルボン」を焙煎いたしました。

ブルボン種のコーヒーは、味、香り、コクの3拍子がそろった優れた豆として知られています。

中でもアマレロ種は、黄色い完熟豆で希少種です。

釜から出したサクラブルボンを急冷中。

ニュークロップ(収穫されたての豆・お米でいえば新米)ですので、生豆は青々とした色をしています。 水分をたくさん含んでそう。

こういう豆の焙煎は簡単ではないと思います。 焙煎方法を少し工夫する必要があります。

ベテランの焙煎職人さんは、うまい具合に火力を調節し、豆が焼けていく様子をよく観察し、

長年の経験と技術でもって、釜出しのタイミングをつかみます。

もうすでに、ぷんぷんと際立つ甘い香りがしている。 上手に焼けてます!

焙煎後少なくとも24時間は待ち、豆から炭酸ガスが少し抜けた時点で、試飲いたします。

ニュークロップですから、香りも酸味もはっきりとしていると予想されますが、こればかりは飲んでみないと分からない。 

サクラブルボン2020は、どんなコーヒーかな。

とても楽しみです。



ページ先頭へ
お問合せ
ページトップへ