広島でコーヒー、紅茶のご用命は名井珈琲商店へ



ブログ

ホーム > ブログ >日曜午後2時ハンドドリップ体験会「ガテマラ」編 広島コーヒーブログ Vol.692
ブログ
ブログ
日曜午後2時ハンドドリップ体験会「ガテマラ」編 広島コーヒーブログ Vol.692 投稿日:2020年02月24日

こんにちは。

広島コーヒー.comを運営しています、名井珈琲商店です。

昨日の日曜日は、毎月1度の「ハンドドリップ体験会」を開催しました。 

常連のお客様をはじめ、新しいお客様も加わって下さり、楽しく開催することができました。 

ありがとうございました。

今月は豊かな香りと風味で人気の銘柄、「ガテマラ」をハンドドリップで淹れました。

名井珈琲商店のガテマラは、口あたりが滑らかでボディー(コク)がありますが、比較的やわらかく飲みやすいのが特徴です。

ハンドドリップでの淹れ方は、

ガテマラ豆30gを手回しミルに入れて挽く。 香りをたのしみながら

ドリッパーに紙フィルターをセットし、粉を入れる。

熱湯をドリップポットに移し、90度に冷ます。

湯で500円玉ぐらいの円を描き、約30秒蒸らす。 香りを楽しみながら

コーヒーの落ちる量と同じ速さでポットの湯を注ぐ。 リズムよく

3人分を淹れ終えたら、ドリッパーをサーバーから外す。

同じコーヒー豆でも、焙煎の度合いで味は大きく変わります。

  • ガテマラ深煎り

  • ガテマラ中深煎り

  • ガテマラ中煎り

のそれぞれを淹れ、飲み比べてみることにしました。 

参加者の皆様にガテマラのいろんな味を提案し、好みの味について意見の交換してみるのもおもしろいかなと思い。

焙煎に微妙な差があるガテマラ。 左から、深煎り、中深煎り、中煎りです。

ちょっと見ただけでは、どれがどれなのか、よくわからないほどの色の違いです。

それでも味にはしっかりとした差がありました。

酸味と苦みのバランスがとても良い深煎りと。

落ち着いた酸味とボディー感(コク)脂質感のある中深煎り。

さわやかで明るい酸味のある中煎り。

いろんなガテマラの味を飲み比べることで、豆の特徴を判断することができました。 

どれもおいしかった。 名井コーヒー人気の銘柄である理由もわかった。

とても有意義な会でした。  来月もまたやります!



ページ先頭へ
お問合せ
ページトップへ