広島でコーヒー、紅茶のご用命は名井珈琲商店へ



ブログ

ホーム > ブログ >量をこなして感覚をつかむ。広島コーヒーブログ Vol.684
ブログ
ブログ
量をこなして感覚をつかむ。広島コーヒーブログ Vol.684 投稿日:2020年02月11日

こんにちは。

広島コーヒー.comを運営しています、名井珈琲商店です。

今日は、昨日焙煎したコーヒー豆、2種類の銘柄を試飲しながら、

どうしてこんな味になったのだろう?

と考えながら、家中の掃除に明け暮れた1日でした。

昨日の焙煎の様子と、今日のコーヒーの味を結び付けてイメージにし、感覚として覚えておきたい。

焙煎機に火を入れ、1釜目の焙煎から、2釜目、3釜目に進むにつれて、

釜の蓄熱がどんどん良くなるので、

それを考慮にいれながら、その都度火の強さの調節と、排気の調節をします。

どのように調節するかは、焙煎機の排気温度計の進み具合や、釜からスプーンですくった生豆の状態を見て決めますが、あまりはっきりと説明できません。 

何となく。 いい勘が必要です。

おいしい手料理も、勘とセンス。 料理の出来上がりをイメージする感覚が大切だと思います。

コーヒーの味を、どのように出していくのか。。。。。

しっかり経験を積んで、確かな勘とセンスを磨いていこうと思います。



ページ先頭へ
お問合せ
ページトップへ