広島でコーヒー、紅茶のご用命は名井珈琲商店へ



ブログ

ホーム > ブログ >日曜午後2時のハンドドリップ体験会「モカ」編 広島コーヒーブログ Vol.673
ブログ
ブログ
日曜午後2時のハンドドリップ体験会「モカ」編 広島コーヒーブログ Vol.673 投稿日:2020年01月26日

こんにちは。

広島コーヒー.comを運営しています、名井珈琲商店です。

今日はお店で、毎月1度の「ハンドドリップ体験会」を開催しました。 常連のお客様をはじめ友人も加わってくれ、楽しく開催することができました。 

ありがとうございました。

今月はモカ編と題し、今月のおすすめテイクアウトコーヒーとして販売している「モカブレンドB」や、その他のモカ系コーヒーをハンドドリップで淹れ、飲み比べてみることにしました。

Mocha:   モカ モカはイエメンの港町の名前。モカ港から出荷されるコーヒー豆をモカと呼ぶ。

モカには、特有の香りと重厚な酸味があり、なめらかで濃度があります。

なぜこの豆には、特有の香りと味があるのか? と、いつも不思議に思う。

土の違いや、生豆の精製方法の違いらしいが。 

名井珈琲商店では、以下の5種類のモカ系コーヒーを常時販売していますが、

モカシダモ(エチオピア)

モカマタリ(イエメン)

モカブレンドA 

モカブレンドB

アラビアモカ 

期間限定でゲイシャ(エチオピア)もあります。先日売り切りましたが、好評でしたのでこの夏再入荷いたします。

今日のハンドドリップ体験会では、

  • モカシダモ
  • モカマタリ
  • モカブレンドB 中細挽き
  • モカブレンドB 細挽き

以上の4種類のコーヒーを、それぞれがハンドドリップで淹れました。 

 

各豆の香りを嗅いで確認した後、

お店にあるヴィンテージミルで、3杯分(30g)を、手で挽いていただき、

ハンドドリップで、

それぞれのペースで、

それぞれが思うように、

淹れました。

試飲タイムでは、4種類の全く違うモカの味を確認しながら、参加者の方々の好みもうかがい、少しさめるとまた味が変わってくるコーヒーもゆっくり味わいながら、

「ファッション」と「コーヒー」の熱い関係が、SNSで話題になることについて、ご意見を伺ったり、

昨日私が夜中に訪れた独特な雰囲気のカフェで、超浅煎りコーヒーをいただいた、衝撃体験の話もさせていただき、

コーヒーの味から、コーヒーの苦みを、完全に排除した、

淡い甘みと爽やかな酸味だけのコーヒー  こんなのもあるのね!

とても良い時間でした。  

また来月もやります。



ページ先頭へ
お問合せ
ページトップへ