広島でコーヒー、紅茶のご用命は名井珈琲商店へ



ブログ

ホーム > ブログ >コーヒーと泡盛の合体2 広島コーヒーブログ Vol.671
ブログ
ブログ
コーヒーと泡盛の合体2 広島コーヒーブログ Vol.671 投稿日:2020年01月23日

こんにちは。

広島コーヒー.comを運営しています、名井珈琲商店です。

インテリアとしてもユニークな、ハリオの三角フラスコストッカー。

ガラス本体は耐熱です。

フタにはパッキンがついているので密閉できます。

木製のフタは触り心地がよく、開けやすい。

スパイスなどの調味料を入れたり、

ドレッシングを作ったり、

手作りハーブオイルを作ったりするのに、便利だと思います。

いくつかそろえ棚に並べると、飾りになると思います。

三角だから、くるくるまぜてもこぼれない。 攪拌するのに適した形。 

口が細いから注ぎやすいが、入れにくい。(漏斗が必要)

先日、お土産でいただいた、沖縄ファミマ限定の「泡盛コーヒー」は

水出しのマンデリンブラックコーヒーに泡盛をブレンドしたもので、一口味見をしただけで、クラっときた。

アルコール数12度で、かなりストロング。 しかし、世の中では「飲みやすい」と好評らしい。

へ~、みんなお酒につよいのね~。

自分で作ってみたらどんな味になる?

と、思い、

芋焼酎と泡盛のそれぞれに、エチオピア産「ゲイシャ」の豆を漬け、

作ってみることにしました。

ゲイシャはとても香りの強いコーヒーだから、香りづけとしてはいいのでは?

ハリオの三角フラスコストッカーは、お酒を作るのにはちょっと小さいけれど、

酒に弱い私には丁度良い。

漬けてから2日目。 コーヒー豆はフラスコの底に沈み、お酒に綺麗な琥珀色がつきました。

フタをあけて嗅いでみると、いい香り!

さて、どんな味になるのか。

ハリオ三角フラスコストッカー、只今半額セール中。



ページ先頭へ
お問合せ
ページトップへ