広島でコーヒー、紅茶のご用命は名井珈琲商店へ



ブログ

ホーム > ブログ >リーはサルしながら思い出したよ、Groovy な感覚。広島コーヒーブログ Vol.653
ブログ
ブログ
リーはサルしながら思い出したよ、Groovy な感覚。広島コーヒーブログ Vol.653 投稿日:2019年12月26日

こんにちは。

広島コーヒー.comを運営しています、名井珈琲商店です。

配合と焙煎技術を誇る珈琲、紅茶専門店です。

友人と一緒に、忘年会の余興でオカリナの2重奏をやってみることにしました。

忘年会は今週末ですので、「あらら、もう時間がないよ」。 

せっせ、せっせとリハーサル。

 

先日、オカリナを買いに楽器屋さんへ行くと、ソプラノ、アルト、バス等、いろんな大きさのオカリナが並んでありました。 

へ~。  いろいろ組み合わせると、アンサンブルができる。

初心者向けのアルトC管を購入しました。

選んだ曲は、イギリス民謡の「スカボローフェア」。 

素朴なメロディーが、オカリナの音色とマッチするのではないかと思いまして。

音が重なり合っていくのがとても美しい、サイモン&ガーファンクル版「スカボローフェア」を、動画サイトで聴きながら、

ハーモニーをなんとか考えているうちに、

いつの間にか、サイモン&ガーファンクルの「The 59th Bridge Song 」(59番街橋の歌)の動画サイトにいってしまってました。

聴くと瞬時によみがえる、昔の記憶。

以前住んでいたニューヨークで、

マンハッタンからクイーンズの劇場に通っていた頃、自転車で渡っていた「59番街橋」。

59番街橋は長い橋で、橋の真ん中まではながーい上り坂。必死にペダルをこいで橋の真ん中までいくと、今度はながーい下り坂。 

イーストリバーに浮くルーズベルト島を真下に見下ろしながら、

Feeling Groovy。

瞬間的によみがえる感覚。  音楽の持つパワーはすごい。

 

 

 



ページ先頭へ
お問合せ
ページトップへ