広島でコーヒー、紅茶のご用命は名井珈琲商店へ



ブログ

ホーム > ブログ >焙煎機のおおよその基準を知るために。広島コーヒーブログ Vol.632
ブログ
ブログ
焙煎機のおおよその基準を知るために。広島コーヒーブログ Vol.632 投稿日:2019年11月25日

こんにちは。

広島コーヒー.comを運営しています、名井珈琲商店です。

配合と焙煎技術を誇る珈琲、紅茶専門店です。

焙煎職人さんの自由な発想と技には、いつも驚かされます。

焙煎中の釜の温度環境をもう少し詳しく知るために、職人さんが考えたアイデア。

焙煎機の、前ダクト点検口の「つまみ」をはずし、

別の大型焙煎機についていた、温度計を差し込む。 

400度の高温まで計測できる、アナログ式の温度計です。

もともとの「つまみ」の穴は小さすぎましたが、そこは職人技で調節し、うまい具合に入りました。 

フタの材質がアルミだったから、調節しやすかったらしいです。

これで釜の中の温度環境を、より詳しく知ることができるのではないか?

もちろん、焙煎機の基本的な使い方マニュアルはありますが、焙煎方法は、各々が考えます。

丈夫な温度計ではありますが、ちょと狂いがち。でも目安になる。釜の中の環境を可視化する一つの方法。

美味しいコーヒーを焼くためには、温度等のデータの蓄積も大事ですが、それは単なる目安。

結局は観察力を磨いて、自分の目や耳や鼻を使って焼いていくのが良いと思います。



ページ先頭へ
お問合せ
ページトップへ