広島でコーヒー、紅茶のご用命は名井珈琲商店へ



ブログ

ホーム > ブログ >青虫とヒナギク 広島コーヒーブログ Vol.631
ブログ
ブログ
青虫とヒナギク 広島コーヒーブログ Vol.631 投稿日:2019年11月24日

こんにちは。

広島コーヒー.comを運営しています、名井珈琲商店です。

配合と焙煎技術を誇る珈琲、紅茶専門店です。

お店前のフラワーボックスに植えたヒナギクの苗。

しばらくは順調に育っていましたが、

いつの間にか大食いの何者かに、

葉脈だけを残してきれいに食い尽くされていました。

夜中、懐中電灯を照らしながら犯人をさがすと、

小さな青虫3匹が、むしゃむしゃ堂々とお食事中。

青虫君、大食いね。 ここまで食い尽くさんでもええのに。

ムシクイだらけのヒナギクの運命やいかに。

名井珈琲商店のゲイシャをお求めに来られたお客様と、

時間とともに変化していくゲイシャコーヒーの味について話す機会がありました。

前回淹れたゲイシャは、高級ラムレーズンの味がしました。

との感想をいただき、コーヒー豆が熟成することによって生まれた風味なのでは?と思いました。

今月のテイクアウトホットコーヒーは、インドネシアのスマトラ島産「マンデリン」。特有の濃厚なコクがとても好評です。

注文を頂いてからコーヒーを淹れ、お客様にお出ししますが、試飲も忘れません。

試飲しながら、焙煎してまもないマンデリンの味、時間とともに熟成し深まっていくマンデリンの味を感じています。

マンデリンは、焙煎後3週間たっていても、とってもおいしい。 日持ちする。

よりおいしいかもしれない。 まあ、好みの問題ですが。

煎りたてのコーヒー豆だけが、必ずしもベストではありません。



ページ先頭へ
お問合せ
ページトップへ