広島でコーヒー、紅茶のご用命は名井珈琲商店へ



ブログ

ホーム > ブログ >ダメ男でも悪いことではない 広島コーヒーブログ Vol.626
ブログ
ブログ
ダメ男でも悪いことではない 広島コーヒーブログ Vol.626 投稿日:2019年11月17日

こんにちは。

広島コーヒー.comを運営している名井珈琲商店です。

配合と焙煎技術を誇る珈琲、紅茶専門店です。

日中は暖かく、とても気持ち良い日曜日でした。

でも、もう冬の訪れ。 

猿猴川に、つがいのカモがいました。 2羽で仲良く泳いでいました。

寒い北半球の国から、比較的暖かい日本へ、冬の間だけやってくるカモたち。

 

日本では食べ物を得ながら、つがいの相手をきめる事が、大事な行動らしい。

 

つがいの形成は、結構はげしいドラマ。

オスはメスに気にいられるように、必死でアタック(プロポーズ)する。

プロポーズの方法は、メスの前でダンスしたり飾り羽を立てたり。

だから、オスの羽色は派手で、メスのよりも美しい。

さいごは、メスがオスを選んでペアーになる。 

すると、2羽だけで、群れからすこし離れたところで静かに行動する。

1夫1妻だが、つがいの期間は、1シーズン限り。

交尾してメスが卵を産んだら、オスはメスから離れ、関係は解消。

メスは一人で子育てするが、子育てにはオスは必要ない。そもそも、オスはメスと子供を守ることはできないから、

「失敗したら、また別のつがいを作ればいいや。」と、ボーっとしているらしい。

次のシーズンがくると、別のメスに気に入れられるよう、また必死でアタック。

生物学的には合理的な行為だそうです。

へ~ カモの恋愛事情。 あっさりしとるわー。 いいね。

ぽれぽれ工房 下迫瑞恵さんの陶展「Planet Ring」に、行きました。

ユニークな色と形の花器

猿猴川沿いの、静かで落ち着いたギャラリーで。

秋の色合いの、普段に使いたい食器は、

持ちやすくて、温かい気分にさせてくれる。

食器を「つがい」で購入させていただきました。

ぽれぽれ工房



ページ先頭へ
お問合せ
ページトップへ