広島でコーヒー、紅茶のご用命は名井珈琲商店へ



ブログ

ホーム > ブログ >生豆の梱包いろいろ。広島コーヒーブログ Vol.437
ブログ
ブログ
生豆の梱包いろいろ。広島コーヒーブログ Vol.437 投稿日:2019年03月8日

こんにちは。

広島コーヒー.comを運営しています、名井珈琲商店です。

コーヒーの生豆は、麻袋に入って送られてきます。

麻袋をあけてみると、

豆が直接入っているものや、

麻袋の中にぶ厚いビニール袋があり、その中に豆がはいっているものもあります。

イエメンのモカマタリは、麻袋の中に、

このような、植物で編んだ丈夫な袋があり、

その中に、さらに、木綿の袋に小分けされてはいっています。

そして木綿の袋は、丈夫な糸と太い針で、手縫いで縫ってしばってあります。

手間ひまかかってるわ。

ジャマイカの豆は、こんな立派な木樽に入っていました。

職人さんが、一つ一つ丁寧に作るのでしょう。 

手作り感が新鮮。 日本で、米俵にお米をいれて運ぶことは、もうないのかな。


ページ先頭へ
お問合せ
ページトップへ