広島でコーヒー、紅茶のご用命は名井珈琲商店へ



ブログ

ホーム > ブログ >タイムスリップして「明神座」の芝居が見てみたい。広島コーヒーブログ Vol.287
ブログ
ブログ
タイムスリップして「明神座」の芝居が見てみたい。広島コーヒーブログ Vol.287 投稿日:2018年08月16日

こんにちは。

広島コーヒー.comを運営しています、名井珈琲商店です。

お盆休みの最終日、

広島の美しい水辺をぶらぶら。

おおきなヤナギがしだれているところに、

人と自転車しか通れない、「やなぎはし」があります。

この橋がかけられたのは、明治11年。

以下、薄田太郎著の「がんす横丁」に書かれてある、柳橋界隈の様子。

柳橋という名前は、橋の西詰めをおりた「下柳町」の柳をつけたもの。

戦前、下柳町には、広島名物「明神座」という芝居小屋があり、

実物の蛇をつかった林幸一郎の、執念の蛇劇 (舞台いっぱいの滝に打たれながら、首を巻いたヘビを落とす芸)

菊五郎一座の、水芸芝居

阿波人形

男装の麗人・本荘幽蘭という芸人さんの「色ざんげ」の独演。

巧妙な指影絵の興業

(5本の指に竹串をさし、おのおのの串に厚紙で切り抜いた頭、胴、両手、両足、がはりつけられてあり、5本の指をすぼめると一つの体ができ、指の動かし方で自由な形をみせる)

などで、この小屋は人々の人気を集めていた。

スゴイ。。。。

柳橋界隈は、明治末期から大正初期が全盛時代。

そうとう賑わっていたようです。

現在は、とっても静かですが、

戦前は、活気があったんですね。


ページ先頭へ
お問合せ
ページトップへ