広島でコーヒー、紅茶のご用命は名井珈琲商店へ



ブログ

ホーム > ブログ >「命の綱」のつくり方 Vol.312
ブログ
ブログ
「命の綱」のつくり方 Vol.312 投稿日:2018年09月18日

こんにちは。

広島コーヒー.comを運営しています、名井珈琲商店です。

長年の間、名井コーヒーの豆を店頭販売して下さっている、

100年続く仏教書店・ 広島洗心書房(広島市中区堺町)

数週間前、洗心書房の店主様は、突然意識を失われ、救急車で運ばれ即入院。

まだ、退院は先になりそうですが、随分元気になられました。

ある雨の日、お見舞いで病室を訪れると、

「使用済みの傘袋を、病院の入り口で、ひろってきて。」

と頼まれました。  なんのため??

これ。

傘袋に入れてあるものは、

携帯電話と、緊急連絡先と、お薬。

腰に巻いて、もちあるきたいらしい。

端は、中身が落ちないように、ひもで縛ってあります。

結び目は、もやいむすび。 大きな力にも耐える強度があるが、

簡単にほどくことができる。

なるほど。。。

店主は、ヨットの経験が豊富でいらっしゃいます。

たかが結び目 されど結び目。

ロープ結びは、奥がふかい。

真剣です。

命綱。 常に、腰にまいておけ。

店主の傑作!


ページ先頭へ
お問合せ
ページトップへ