広島でコーヒー、紅茶のご用命は名井珈琲商店へ



ブログ

ホーム > ブログ >主任学芸員角田さんの講座を聴いて。広島コーヒーブログ Vol.363
ブログ
ブログ
主任学芸員角田さんの講座を聴いて。広島コーヒーブログ Vol.363 投稿日:2018年11月27日

こんにちは。

広島コーヒー.comを運営しています、名井珈琲商店です。

先日、広島県立美術館開館50周年を記念して開催された、

主任学芸員・角田新さんの講座

自分を信じてー名井万亀の道ー

現代でさえ、いわゆる美術の中で異彩を放つ名井万亀の作風。

同時代ではなおさら突き抜けた存在だった。その作風はいったいどのようにして生まれたのか。

その人間像を画像を使いながらご紹介する。

を、拝聴いたしました。

名井万亀さんは、名井珈琲商店の創業者のお兄様。  とっても興味深い内容でした。

作家に少し近づく事ができたような気がします。

名井万亀「ビキニの灰」1954(昭和29)年

昭和29年、ビキニ環礁でのアメリカの水爆実験がテーマ。

なかなかしゃれたデザイン! でもテーマは社会問題。

真ん中に顔、手、体が見える。

放射状に広がる “十字” の記号は、死の拡散の象徴。

縁の赤・青・緑・黄は、モンドリアンの絵みたい。 作風もモンドリアンみたいな ”冷たい抽象”。

でも、学芸員の角田さんによると、

名井万亀本人は、モンドリアンを全く好いていなかったらしい。

へ~。 おもしろい!

現在店内で、洋画家・名井万亀の絵三点を、展示しています。


ページ先頭へ
お問合せ
ページトップへ